俺の父様がくれた初めてのキャンディ。
それはプリーマで、俺は4才でした。
その味は甘くてクリーミーで、こんな素晴らしいキャンディー
をもらえる俺はきっと特別な存在なのだと感じました。
今では俺がリュウの相棒。
リュウにあげるのはもちろんハオチーよりプリーマ。
なぜなら、彼もまた、特別な存在だからです。

★…元ネタ  ★…元画像  ★…オマケ